警戒第二科目試験
警戒作業
仮設倉庫は4ヶ所用意し中3ヶ所をパトロールさせ、最終倉庫に居る仮想犯人を 発見したならば、咆哮により指導手に知らせる。
指導手による身体検査中に犯人は指導手を突き飛ばし逃亡をはかる。伏臥の姿勢で監視していた 犬は指示無しで追走し咬捕する。
仮設倉庫間の距離は約50歩とする。
服従作業
声符のみによる紐無脚側行進(50歩のクランク形コースを往復、常歩、緩歩、速歩、常歩行進中 左右回転各1回)
前進及び遠隔指導(前進約50歩で停止させ招呼)
停座及び遠隔からの伏臥、招呼(常歩脚側行進中10歩のところで停座させ、20歩前進後対面して 遠隔指導にて伏臥させ後招呼する。)
1mの障害飛越と物品持来(物品は500g以上のダンベル、投き10秒後)
休止・休めの姿勢で5分間(伏臥させ腰を崩す。手で押したりせずに腰を崩させる)
銃声テスト


                         捜索第二科目試験
臭覚作業
5屈折を伴う全長約250歩の第三者による足跡を 5分後に追及(物品は途中2個終点1個、紐付紐無任意)
服従作業
声符のみによる紐無脚側行進(約50歩クランク形コースを往復常歩・緩歩・速歩 、常歩行進中左右回転各1回)
停座及び遠隔から伏臥、招呼(常歩行進中10歩の所で停座、20歩前進後、対面して遠隔指導にて伏臥させ、後招呼)
物品持来(物品は500g以上のダンベル、投き10秒後)
休止休めの姿勢で5分間(伏臥させた後、手で押したりせず腰を崩させる)
銃声テスト
                         選別第二科目試験
物品選別作業
指導手以外のもので4個の誘惑物品 (2名)を置く物品設定は指導手以外の者としてその間、背面姿勢で待機する(物品は布片使用) 選別台との距離10m
服従作業
捜索第二科目と同じ